かっぱ橋で 一番古いのれんの 漆器専門店 西山漆器
お電話でのご連絡は 03-3841-8831 担当 西山まで
西山漆器 トップ 西山漆器 お店紹介 西山漆器 業務用漆器商品 西山漆器 関連ページ西喜 西山漆器 修理 塗替 西山漆器 伝統うるし塗から最新漆器事情夢うるし 西山漆器 配送 決済

 

日本並びに中国産の生うるし(荒味うるし)の主成分は、ウルシオールで(日本産7割弱、中国産6割強)他にゴム質、含窒素物、水分等で構成されている。
この生うるしから、ウルシオールの比率を大幅に高め、不純物を徹底的に取り除くことで、うるしの美しさそのままに、最大の弱点といわれた紫外線にも強い”うるし”が誕生した。
もともと文化財や寺社仏閣補修用に開発されたうるしで、大変手間のかかる特許精製手法により可能となった。
便宜上”吹付”により塗装される塗料等不純物を混入した"新うるし"等呼ばれるものとは、異なり、100%うるしを原料としている。
弊社ではこの特許製法の漆塗りのことを"夢うるし塗”と表記しております。

特許製法の夢うるしの特徴は、
@紫外線にも強く、色落ち、劣化が大幅に改善されたこと
A1000回以上の食器洗浄機テスト、煮沸テストによる変色、艶落ちがほとんど認められないこと(もちろん深みのある塗上りは従来どおりである)。
B漆塗には匂いが長く残るものだが、この場合は塗り上がり後2〜3日ほどで、ほとんど気にならない香りとなる。蓋物(吸物椀、丼重)には心強い漆である。
熱にも強く、ごはん等汚れもつきにくく、キズもつきにくく、キズが残っても目立ちにくい。
うるし本来の経年変化(明るく透明感が増す)である、うるし独特の風情は損なわれないこと。
長所ばかり並べ立ててみたが、欠点もある。
@従来のうるしより三倍も早く硬化してしまうので、塗りがたいへんむずかしい。
A色の種類が作りにくく、当初、漆本来の暗い飴色仕上げのものにならざるをえなかった。
      →現在では、 強度に遜色ない朱色の漆のものも製作できるようになった。

 

伝統工芸江戸漆器の塗りの工程は、後述の江戸漆器工程に概要説明があります。
この夢うるし塗りの工程は、不純物の混入を極力さけることが大前提となる。
したがって、従来の下地、下塗り、中塗り、上塗りといったその都度使用する漆の内容が異なるわけではなく、同じ特許製法のうるしを何度も丁寧にうすく塗り重ねていく手法がとられる。
極力漆のみで木地補修も行い、布、紙も使用せずに仕上げる。
木の周りを夢うるしだけで取り囲んだかたちであり、だからこそ、この強度が生まれる。
”洗浄機使用OK”の表示の椀は、木地には最高のきめの細かいみずめ櫻を使用し、従来のものよりさらに乾燥させた上で、塗り上げている。

最近では、刳りものの椀等の丸物だけでなく、長所を利用して、丼重にも使用されるようになった。丼重の場合、木を接合する工程が生じ、漆のみでの仕上げとはならない。いわゆる本堅地の工程となる。
そこでは、 布貼、のり、錆、等、漆以外のものも使用せざるをえない。その為、洗浄機での使用は可とはしていないが、熱により強く、退色しにくい上に、ごはん等異物がつきにくく、うるし特有の臭いが抜けやすく、汚れも落ちやすいことは大きな利点である。一度に大量のうな重を提供する大店の場合、どうしても一度に焼きあがらないので、順次温蔵しておき、提供することもあるようですが、そんなニーズにも十分答えられる優れものである。

以下に伝統的な江戸漆器の工程をご説明します

江戸漆器は、1590年江戸に入城した徳川家康が、京都の漆工を招いたのが始まりとされている。その後は茶道具、座卓のみならず、そば道具、うなき重箱などの堅牢にして実用的な業務用漆器として、広くその名を知られるようになった。
以下江戸漆器のうるし塗りの工程を簡略化し、表にまとめてみた。
大きくは、塗りたて仕上げと呂色仕上げに分かれるが、布着せをせずに仕上げる手法(丈夫さの点で劣るとは限らない)もあるし、より多くの工程が必要なものもある。
@塗りたて仕上
@
木地調整
とくさなどで木地をすり、滑らかにする
A
こくそ調整
木地のひび割れを堀り、こくそ(生漆、綿まっ粉、のり)をつけ、平滑に仕上げる
B
木地固め
瀬〆漆で木地全面を強くする
C
からとぎ
砥石で木地面を研ぐ
D
布着せ
麻布、寒冷紗、和紙等を漆とのりで貼り付け、乾燥後塗面平らにする
E
さびつけ
錆漆(瀬〆漆と砥の粉)を木地に塗りつける
F
水とぎ
砥石で水とぎする
G
下地固め
瀬〆漆で塗固め強くする
H
下塗り
中塗漆を刷毛で塗る
I
水とぎ
朴炭で水とぎする
J
中塗り
上質の中塗漆を刷毛で塗る
K
水とぎ
駿河炭で水とぎする
L
上塗り
黒又は彩漆で、たれ、ちぢみなく平滑に仕上げる
以上が塗りたて仕上げの工程だが、呂色仕上の場合、上塗りから異なってくる。
A呂色仕上げ
  @〜K 中塗りまでの工程は同じ
L
上塗り 呂色漆にて仕上塗する
M
上塗とぎ ろいろ炭にてとぐ
N
胴ずり 水砥の粉にてとぎムラ調整
O
拭き漆 布等で生漆をすり込み、和紙でふきとる
P
胴ずり 油砥の粉を手につけみがく
Q
拭き漆 綿などで生漆をすりこむ
R
艶みがき 鹿の角粉を手のひらにつけ磨く
S
艶あげ 拭き漆の上で、仕上げの艶上げ
概略を図にしてみたが、工程は、より多岐にわたることが多い。

―お気軽にご相談下さい―
→最新塗料事情へ
 
Copyright (C) 2005 NISHIYAMA SHIKKI Corporation. All Rights Reserved.