平日9時~18時/土9時~17時/日祝不定休

営業日

pic

漆器のお手入れ方法

pic
pic
pic
pic

普段使いでのお手入れ

pic

ポイントポイント①:

ポイント

硬いタワシや研磨剤は傷の原因になるためお控え下さい。


ポイント

使ったあと洗うときに触れる水が木地の乾燥を防いでくれます。
しまい込まずに使ってあげて下さい。
食洗機も対応品以外はNGです。
素地の木製部分に負担がかかると、割れる恐れがあります。


ポイント

変色(木製のものは変形も)の原因になります。

ポイント

木地の痛みの原因になります。
長く使うならなるべく避けましょう。

pic

より丁寧に扱う場合

pic

来賓用の高級食器(Wedgwood (ウェッジウッド)他)と、いつもの食器ではお手入れ方法が異なるかと思います。漆器にも同じことが言えます。長く大切に使いたいもの、沈金蒔絵などが施された作品を取り扱う際に、気をつけた方が良い点をまとめました。

漆器の洗い方・拭き方のコツ漆器の洗い方・拭き方のコツ

1.陶器などとは、なるべく別にして洗ってください。
陶器などと比べて材質が柔らかいため、一緒に洗うと傷がつく恐れがあります。

2.洗い終わったら、自然に乾かすよりも布巾で拭くほうが漆が長持ちします。
重箱の角やお碗の底などは水が溜まりやすいため、特に気を付けて拭いていただくと良いです。

3.蒔絵などの装飾箇所は、他より少し注意して洗ってください。
ガーゼの布などでやさしく洗い、拭き取りもやわらかい布巾で行ってください。
(専用の手入れ用布もご用意しております>こちら)

漆器の保管のコツ漆器の保管のコツ

1.直射日光の当たらない場所に収納してください。
漆塗りの塗膜は、紫外線が苦手です。

2.漆器と漆器の間に布や紙などをはさむと、重ねて収納しても傷や衝撃が気になりません。

3.適度にお使いください。
長く使わないと、乾燥により変形をすることがございます。
止むを得ず長期保管する場合は、少し水の入ったコップなどを一緒に置くことをお勧めします。
漆器自体は、江戸時代の庶民の器の代表格であり、基本的に丈夫です。

pic

漆器の使い方Q&A

pic
  • 酢の物を盛り付けても大丈夫?

    pic
    A

    うるしは酸にもアルカリにも強く、 全く問題ありません。

  • 揚げ物を盛り付けても大丈夫?

    pic
    A

    油自体に問題ありません。
    ただ揚げたては高温のため、塗りの色が変色する恐れがあります。
    紙などを敷いて油を吸わせてから、盛り付けることをお勧めします。

  • スープなどにも使えますか?

    pic
    A

    ぜひお使いください

    日本食だけでなく、
    幅広いアレンジが可能です

  • かぶれたりはしませんか?

    pic
    A

    塗り終えてから、十分に日がたった商品を扱っており、基本的に心配ありません。

    万が一、症状が出た場合には、ご使用を控えていただき専門医にご相談ください

  • うるしには臭いがある?

    pic
    A

    箱入りで保管・販売している商品が多く、箱にこもったうるしの臭いを感じることがございます。

    この臭いに害はなく、使用する内に徐々に取れていきます。

    >臭いを早く消す方法はこちら
    万が一、症状が出た場合は、ご使用を控えていただき専門医にご相談ください

塗ってまだ日が経っていない場合、またお客様の体質によっては、ごくまれに漆でかぶれることがありますが、弊社ではそれらを十分に考慮し、商品を扱っております。
うるしカブレと疑われる症状は、箇所が赤く腫れる・痒みが出るです。
万が一このような症状が見られた場合は、ご使用を控えていただき専門医にご相談ください。
新しい漆器は、風通しの良い(直射日光は避ける)ところに1週間程度置いてから、ぬるま湯で洗ってから使うと臭いが気になりにくいです。急いで臭いを消したい場合は、ボウルに大さじ1程度の酢を加えた水を用意し、柔らかい布に含ませて漆器を拭き、30度くらいのぬるま湯で湯通ししたあと水気を切り、一晩置いておくと良いです。

しっき漆器に、少しでもご関味を持っていただけたら何よりです。
お手元によろしければ、ぜひ一品いかがですか

次のページでは、修理のご案内を掲載しております。
もしご興味をお持ちいただけましたら、ぜひご覧ください。

しっき漆器を「知る」

▷▷

しっき漆器を「選ぶ」ヒント

▷▷

 お手入れ方法

▷▷

 修理のご案内

▷▷

よりご興味をお持ちいただけましたら、ぜひこちらもご覧ください。

ページトップへ
btn

TOPに
戻る